フレキシブル同軸ケーブル

  • 柔軟な同軸ケーブル構造には、精密な閉ループ制御の製造プロセスと組み合わせた、固体、発泡、および独自の低誘電率材料が含まれます。
  • これらの特殊な製造プロセスにより、通常の同軸ケーブルの性能を超える同軸ケーブルを作成できます。 これらのケーブルには、さまざまな地上ベースの衛星、ワイヤレスブロードバンド、ロボット工学、医療、電気通信などがあります。

これらのケーブルは柔軟性があり、セミリジッドとコンフォーマルな同軸ケーブルの両方が可能なのと同じように、任意の形状に曲げることができます。

70GHzまで位相安定

固体、発泡、ePTFE誘電体

0.047から0.141の範囲のフレキシブルケーブルソリューションは、幅広い高性能コネクタで終わり、あなたが長い間探していた答えです!

当社の柔軟な同軸ケーブルアセンブリはMIL-C-17 / LMRに準拠しており、固体の発泡した独自の低誘電率膜で構成されています。 それはあなたが彼らに投げかけるどんな環境にも耐えることができます。 あなたの信号は何があっても安全です!

柔軟な同軸ケーブルは、エンジニアリングのあらゆる分野にとって最も重要な要素です。 これらは、ワイヤレスブロードバンド、テストシステム、地上ベースの衛星、およびアンテナに使用されます。 電子戦防衛自動車ロボット薬用電気通信マイクロ波。

フレキシブル同軸ケーブルについて

私たちの製品

同軸コネクタオプションケーブル性能範囲ケーブル構成
当社のケーブルは、SMA、N、BNC、TNC、G4PO、SMB、SMC、SMP、SMPM、SSMA、GPO、GPPO、G3PO、MCX、MMCX、1.0 mm、2.4 mm、2.9などのさまざまなコネクタに終端できます。 mm、3.5mm。 0.175mmまでの直接-ボードへの細線接続が利用可能です。挿入損失:1 dB @ 40 GHz未満電力容量:1000 CW @ 5 GHz周波数:DC-70 GHz伝搬速度:最大90%位相安定性:5°未満から40 GHz(屈曲および温度)遅延および 位相整合:GHzあたり≤±1°、(≤±3 ps遅延整合)同軸(16 AWG-52 AWG)

私たちの能力

コネクタオプション

N, BNC, TNC, SMB, SMC, SMA, SMP, SMPM, SSMA, GPO, GPPO, G3PO, G4PO, MCX, MMCX, 1.0 mm, 2.4 mm, 2.9 mm, 3.5 mm.175mmまでの直接ボード細線アタッチメントもご利用いただけます。

パフォーマンス範囲

周波数挿入損失伝播速度
DC – 70 GHz< 1 dB @ 40 GHz同軸(16 AWG-52 AWG)
相安定性遅延と位相のマッチング電力能力
<5°〜40 GHz(たわみと温度)GHzあたり≤±1°(≤±3 ps遅延マッチング)1000 CW @ 5 GHz
アンテナギャラリー-4-1200x800-1

同軸ケーブルアセンブリ/ RFケーブルアセンブリの市場

  • ミリタリー
  • 航空宇宙
  • 交通手段
  • センサー
  • コミュニケーション
  • RF信号
  • 試験装置

お問い合わせフォーム

上位の質問

2つの同軸ケーブルアセンブリが同じコネクタで長さが異なる場合に同じように機能するかどうか?

いいえ。長さの違いにより、減衰値が異なります。

同軸ケーブルアセンブリに別の名前はありますか?

はい。 RFケーブルアセンブリ、同軸ケーブルアセンブリ、同軸ケーブルジャンパー、同軸ジャンパーケーブル、同軸ジャンパー、RFケーブルジャンパー、またはRFジャンパー。ある場所から別の場所に電磁波(EM)の形で電子機器を送信するプロセスについて話すとき、これらすべての用語を確実に適用できます。

RPコネクタとは何ですか?

「RP」は「逆極性」に使用されます。逆極性は、性別を反転させるタイプのコネクタです。これにより、RPタイプのアダプタを誤って標準ケーブル用のケーブルポートに取り付けようとすることがなくなります。

では、性別と極性を特定する方法は?

一般的なRFプラグ(オス)はシェルの内側にスレッドがあり、ジャック(メス)は通常外側にスレッドがあります。オスの殻がメスの殻を覆っているので、メスの品質や信号を損なうことなく、しっかりと差し込むことができます。標準極性プラグのピン(オス)はメスソケットにのみ適合しますが、逆極性ジャック(メス)にはオスソケットで機能するピンがあります。

同軸カプラーは再利用できますか?

はい、機能しなくなった場合を除きます。

コネクタなしで同軸ケーブルを接続するにはどうすればよいですか?

ワイヤを剥がして銅のコアを露出させてから、2つの部品をはんだ付けしてしっかりと接続します。これは、コネクタを使用するよりもはるかに簡単です。